スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MicrosoftのWindows部門の売り上げが24%増

MicrosoftのWindows部門の売り上げが24%増

Microsoftの10-12月期決算は増収減益、Windows部門は売上24%増

~引用元:マイナビニュース~

Microsoftの10-12月期決算は増収減益でした。

しかし、MicrosoftのWindows部門の売り上げは24%増えたそうです。

これは、昨年10月に発売されたWindows8の影響でしょう。

Windows8はタブレットを意識して作られたため、デスクトップパソコンでは使いにくいのではないかという意見がありました。

そのため、売り上げが伸びないことも予想されていたのですが、結果はなかなかの滑り出しだったようです。

確かに、今新しいパソコンを買えばWindow8がインストールされたものに必然的になるので、時間がたてば自然とWindows8のシェアは大きくなりそうです。

でも、やっぱり今までと大きく変わったWindowsを使いたい人もいるから、そういう人たちがWindowsの売り上げを伸ばしてくれてのかもしれません。

何年か先には、タブレットがパソコンのシェアを追い抜くとも言われているので、スマートフォンなどで出遅れているMicrosoftは、パソコンとタブレットのシェアを多く獲得することが重要になってきそうです。

関連記事

テーマ : Windows
ジャンル : コンピュータ

tag : Windows8

タグ : Windows8

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higo

Author:higo
かなりのパソコン好き人間です。

最新記事
Advertisement

カテゴリ
Mac (6)
CPU (1)
月別アーカイブ
タグ

ブログランキング
最新コメント
RSSリンクの表示

リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。