スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows8のマルチモニターはかゆいところに手が届く

マルチモニター

Windows 8ではモニタごとに壁紙を変えたり、全モニタにタスクバーを表示できるようになる。

Windows 8はマルチモニタ機能も改善 タスクバーが全モニタに

~引用元:ITmedia~

Windows8のマルチモニター機能の詳細が紹介されました。

マルチモニター(マルチディスプレイ・デュアルディスプレイとも言う)とは、ディスプレイを複数台並べることで表示される画面の面積が広がり、より快適にパソコンの操作ができる機能のことです。

マルチモニターを使用するためには、もちろんディスプレイが複数必要なのと、パソコン側も複数のディスプレイ出力ができる必要があります。そしてWindows上から設定を行うことによりマルチモニター環境を構築することができます。

マルチモニター機能を使っていると、画面ごとに壁紙を変えたいと思っても標準機能では対応していないなど、細かい不満がありました。

そのような声が届いたのか、Windows8ではモニターごとに壁紙やスクリーンセーバーが設定できたり、モニターを横断して壁紙を表示したり、タスクバーを全モニターで表示させることができるようになるそうです。

今までできそうでできなかったことができるようになるのはうれしいです。

...というか、今までこれらのことができなかった方が不思議です。

なにはともあれ、MetroやWindows Storeのような派手な機能だけでなく、このような細かい対応をしてくれるのは良いことです。

Windows8がもっとユーザーの声に応えたOSになることを願います。

関連記事

テーマ : Windows
ジャンル : コンピュータ

tag : Windows8 Metro WindowsStore マルチモニター

タグ : Windows8 Metro WindowsStore マルチモニター

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higo

Author:higo
かなりのパソコン好き人間です。

最新記事
Advertisement

カテゴリ
Mac (6)
CPU (1)
月別アーカイブ
タグ

ブログランキング
最新コメント
RSSリンクの表示

リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。