スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows8が正式名称に!!エディションは4種類

Windows8

これまで「Windows on ARM」などと呼ばれてきたARM版は「Windows RT」という正式名称になった。

Microsoftの「Windows 8」、製品エディションは4つに

~引用元:ITmedia~

次期Windowsの正式名称が、Windows8に決まりました。製品のエディションは4つ用意されるようです。(Windows8・Windows8 Pro・Windows8 Enterprise・Windows RT)

Windows7の時は、Starter・Home Basic・Home Premium・Professional・Ultimateと乱立していたエディションをWindows8・Windows8 Proの2種類に集約しました。

普通に使うだけなら無印のWindows8で十分なようです。Windows StoreやInternet Explorer 10など目玉機能も当然使用できます。

しかし、個人的にはWindows8 Proが必要になりそうです。なぜかというとHyper-Vという機能がWindows8 Proでないと使用できないからです。

Hyper-Vとは、1台のマシンを複数のコンピュータが動いているように使用できる機能で、1台のマシンで複数のOSを走らせることができます。

今までに持っているソフトウェアは、Windows8では使用できない可能性があります。Hyper-Vがあれば、昔使用していたOSが使用できるため、ソフトウェアをまた買い直す必要が無くなります。

そのため、Windows8 Pro自身の購入は、少し高価になってしまうかもしれませんが、全体的に考えると逆に費用を抑えられるため、僕はWindows8 Proの購入を考えています。

うわさでは、Windows8は10月ごろに発売されるのではないかとも言われていますが、もし噂が本当でもまだ半年ぐらいはあるので、楽しみはまだ少し先になりそうです。

関連記事

テーマ : Windows
ジャンル : コンピュータ

tag : Windows8 WindowsStore IE10 Hyper-V

タグ : Windows8 WindowsStore IE10 Hyper-V

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higo

Author:higo
かなりのパソコン好き人間です。

最新記事
Advertisement

カテゴリ
Mac (6)
CPU (1)
月別アーカイブ
タグ

ブログランキング
最新コメント
RSSリンクの表示

リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。