スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年米音楽市場で初めてデジタルが物理メディアを超える

物理メディア超え

物理的なアルバムの販売は5%減ったものの、デジタルを合わせた総合アルバム販売は7年ぶりに増加した。

2011年の米音楽市場、デジタルが初の物理メディア超え――Nielsen調べ

~引用元:ITmedia~

ついにアメリカでデジタル音楽(ダウンロード販売など)が物理メディア(CDなど)の販売を上回ったようです。

どんどん時代が進んでいきます。僕はCDやカセットテープなどで音楽を聞いていた世代ですが、レコードがなくなっていったようにCDもなくなり、物理メディアとしての販売自身が無くなろうとしているのかもしれません。

音楽のダウンロード販売は確かに便利です。わざわざ店頭に買いに行かなくて済むし、売り切れなどの心配をする必要がありません。

ただ、まだiTunesで曲を買おうと探していると、権利の関係からか欲しい曲がなかったりすることもあり、品ぞろえも完ぺきではないようです。

今現在は、CDなどの物理メディアから、ダウンロード販売などのデジタル音楽への移行時期で、どちらにもメリット・デメリットがあり、購入者もどちらを使うべきか判断が難しい時期だと思います。

ダウンロード販売は、これからサービスの質をもっとよくして使いやすくすれば、時代の流れとともに自然とシェアは増えていきそうです。

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

tag : iTunes

タグ : iTunes

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higo

Author:higo
かなりのパソコン好き人間です。

最新記事
Advertisement

カテゴリ
Mac (6)
CPU (1)
月別アーカイブ
タグ

ブログランキング
最新コメント
RSSリンクの表示

リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。