スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Internet Explorerのアップグレードを自動配信

ie

ユーザーが何も操作しなくてもIEの最新版が自動的にダウンロードされ、インストールされるようになる。

Microsoft、IEのアップグレードを自動配信へ 旧版のセキュリティ問題に対応

~引用元:ITmedia~

IEの自動配信が、2012年1月からまずオーストラリアとブラジルで始まります。Windows XPユーザーはIE8へ、Vistaと7ユーザーはIE9へと自動的にアップグレードされます。

セキュリティ上の問題から自動アップグレードを実施するようです。

Google Chromeがすでに搭載している機能ですが、確かに便利ですね。知らないうちに勝手に最新バージョンにしてくれます。普段、ブラウザのセキュリティに関心がない人は、めんどくさいから古いブラウザをそのまま使い続けている人もかなり多いと思います。そういう人達のセキュリティを自然と安全な状態にしてくれるのでメリットは大きいです。

しかし、いろいろな理由から古いバージョンのIEを使いたい人もいるでしょうから、勝手にアップグレードされると問題はありそうです。

セキュリティが主な目的のようですが、それ以外にも多くのユーザーが新しいブラウザにすることにはメリットがありそうです。

企業でも一般の人でもホームページやブログを運営していると、すべてのブラウザに対応させる作業は大変です。しかも、今はIE以外にもFirefoxやChrome、Safariなど数多くのブラウザがシェアを分け合っているため、それらすべてのブラウザのすべてのバージョンに対応させるのは不可能に近いのではないでしょうか。

ユーザーの方になるべく新しいブラウザを使ってもらえば、作成者側は余計な負担が減るので、そういう意味でもメリットがありそうです。

ユーザー・開発者双方にブラウザのアップグレードはメリットがあるので、今回の試みは大きなメリットを生みそうです。

関連記事

テーマ : ブラウザ
ジャンル : コンピュータ

tag : IE8 IE9

タグ : IE8 IE9

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higo

Author:higo
かなりのパソコン好き人間です。

最新記事
Advertisement

カテゴリ
Mac (6)
CPU (1)
月別アーカイブ
タグ

ブログランキング
最新コメント
RSSリンクの表示

リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。