スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SkyDriveがパワーアップ!!MacやiOSと共有が可能に

SkyDrive

「Google Drive」発表がうわさされる中、MicrosoftがSkyDriveを強化した。Windows、Mac、iOS端末、Windows Phoneでファイルを共有できる各OS向けアプリを公開し、有料で100Gバイトまで容量を拡張できるサービスも開始した。

Microsoft、クラウドストレージ「SkyDrive」を強化――有料拡張プランやMacアプリなど

~引用元:ITmedia~

SkyDriveがパワーアップしました。WindowsやMac、iOS端末、Windows Phoneでファイルを共有できるようになりました。

この分野で一歩先を行っているのはDropboxだと思います。Dropboxは、すでにいろいろな端末でのファイル共有機能を提供しています。

DropboxはAppleが買収しようとも考えていたようで、Appleは8億ドル(約620億円)を用意していたとも言われています。

それほどクラウドストレージサービスでは、Dropboxが評価されているということだと思います。

SkyDriveではその他に、有料でストレージ容量を追加できる機能を追加しました。

無料で使用できるのは7GB、20GB追加すると年間800円、50GB追加で年間2000円、100GB追加で4000円です。

Dropboxと比較すると、Dropboxが無料で使用できるのは2GB、50GB利用すると年間99ドル(約8000円)、100GBで年間199ドル(約16000円)なので、無料・有料ともSkyDriveの方に分があるということになります。もちろん、Dropboxの料金を意識しての価格設定をしてきた可能性は高いです。

そして、昨日GoogleのクラウドストレージサービスGoogle Driveも発表されました。

クラウドストレージサービスの争いが激しくなってくるとともに、価格破壊も起こってきそうです。

ユーザーにとっては、価格が下がることはいいことなので大歓迎です。あとは、セキュリティをしっかりしてもらえば、積極的に使っていきたいサービスだと思います。

スポンサーサイト

テーマ : Webサービス
ジャンル : コンピュータ

tag : Dropbox SkyDrive GoogleDrive iOS

タグ : Dropbox SkyDrive GoogleDrive iOS

iOS版Safariに脆弱性

iOS版Safariに脆弱性

「iOS 5」ユーザーは、ユーザーをだまして悪質なウェブサイトを訪れるように仕向ける「Safari」のセキュリティ脆弱性に気をつけた方がいい。

iOS版「Safari」にセキュリティ脆弱性--悪質サイトに誘導されるおそれ

~引用元:CNET Japan~

iOS5ユーザーは、Safariの脆弱性に気を付けたほうがいいようです。

この脆弱性のため、ユーザーは悪質なサイトに誘導され機密情報を抜き取られる可能性があるそうです。

対象は、iOS5が動いている「iPhone 4」「iPhone 4S」「iPad 2」「iPad 3」です。

iOSは、AppStoreからしかアプリがダウンロードできない上に提供されるアプリは審査がされているので、ウィルスは混入しにくく、Androidなどと比べると比較的安全と言われています。

今回もソフトウェアアップデートで対応されそうなので、アップデートが公開され次第iOSを最新の状態に更新することで、安心して使えるようになりそうです。

しかし、いくら安全と言われていてもこのさきiPhoneがどんどん普及し市場が大きくなればなるほど、悪質なユーザーによって狙われる可能性が高くなるだろうから、今のように比較的安全な状態がいつまでも続くとは限りません。

現時点ではiOS用のセキュリティソフトというものは存在しませんが、今後はそのようなものが登場し、セキュリティにお金をかける必要も出てくるかもしれません。

多少は、お金がかかっても仕方がないので安全に使えるようにして欲しいです。

テーマ : iPhone
ジャンル : コンピュータ

tag : iOS5 iOS iPhone4s iPhone4 iPad3 iPad2 AppStore

タグ : iOS5 iOS iPhone4s iPhone4 iPad3 iPad2 AppStore

iPad向けiAdが日本でも始まる

iPad向けiAd

モバイル広告ネットワーク「iAd」のiPad版が日本でもスタート。第1弾はミネラルウォーターのエビアンだ。

iPad向けに「iAd」、日本でもスタート 第1弾はエビアン

~引用元:ITmedia~

iPad向けのiAdが日本でも始まります。

iAdとは、AppleがiPhoneなどのiOSアプリ向けに用意した広告プラットフォームのことです。無料のiOSアプリに貼り付けてある場合が多く、開発者の人はその広告をクリックされたりすると収益を得ることができます。

アプリ開発者にとっては、収益を得る方法が増えるのでいいニュースかもしれません。

しかし、まだまだiAdは始まったばかりなうえ、広告に出すのにかかる費用が高額なので、広告が不足しておりアプリ上に広告がでないことも結構あるようです。

そういう意味では、Googleが展開するAdMobではそういうことは少ないので、一歩先を行っているのかもしれません。

ただiAdは、クリックされた時の単価が高いので、これから順調に成長していけばとても魅力に感じる人も多そうです。

有料アプリを販売するだけでなく、無料アプリに広告をつけることにより収益が見込めるようになってくれば、アプリ開発者にとっては戦略に幅が出て、よりビジネスをしやすくなるかもしれません。

テーマ : iPad
ジャンル : コンピュータ

tag : iAd AdMob iOS iPhoneアプリ iPadアプリ

タグ : iAd AdMob iOS iPhoneアプリ iPadアプリ

プロフィール

higo

Author:higo
かなりのパソコン好き人間です。

最新記事
Advertisement

カテゴリ
Mac (6)
CPU (1)
月別アーカイブ
タグ

ブログランキング
最新コメント
RSSリンクの表示

リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。