スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BRAVIAの一部機種に発熱・発火の危険

BRAVIA

ソニーの液晶テレビ「BRAVIA」のうち、07年9月以降に国内発売した機種について、部品が一部に混入し、内部の発熱・発火で本体が溶けるおそれがあるとして無償点検・修理を行う。

ソニー「BRAVIA」一部機種に発熱・発火で本体が溶けるおそれ 18万9000台を無償点検・修理

~引用元:ITmedia~

ソニーのBRAVIAの一部機種に、発熱・発火して本体が溶けるおそれがあるそうです。対象機種は「KDL-40X5000」「KDL-40X5050」「KDL-40W5000」「KDL-40V5000」「KDL-40V3000」の5台です。

我が家のテレビもBRAVIAだったので、まさかと思い早速調べてみましたが、違う機種でホッとしました。

もし火事になったらもちろん大変だし、それ以外でも修理に出すのも手間がかかるから問題のない機種でよかったです。

昔と違い、テレビがどんどん大型化するので修理に出すのも大変になってきました。自宅に何人がかりで修理屋さんが来てくれたり、挙句の果て持って帰りますなんて言われたら一大行事になってしまいます。とはいえ、それできちんと直ってくれたらうれしいですけどね。

もし、該当の機種を持っている方は、きちんと修理に出したほうがいいかもしれません。

スポンサーサイト

テーマ : 新製品情報 家電・AV器機・周辺機器
ジャンル : コンピュータ

tag : BRAVIA

タグ : BRAVIA

プロフィール

higo

Author:higo
かなりのパソコン好き人間です。

最新記事
Advertisement

カテゴリ
Mac (6)
CPU (1)
月別アーカイブ
タグ

ブログランキング
最新コメント
RSSリンクの表示

リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。